輸送したい精密機器の情報

難しい精密機器の場合

依頼したい専門業者が見つかったら、まず連絡をしてください。
その時に、どのような精密機器を輸送したいのか伝えます。
専門業者でも、かなり難易度の高い精密機器の場合は依頼を断られる可能性があると覚えておきましょう。
依頼を了承してもらったら、具体的に計画を立てます。
信頼性が高い業者なら、どのような方法で精密機器を輸送するのか説明してくれるので安心ですね。

プランを聞いた時に気になることがあれば、質問しましょう。
また精密機器に関する情報を聞かれるかもしれないので、その場合は快く応じてください。
情報を隠すと、業者が精密機器を輸送するプランを考えられなくなってしまいます。
お互いが納得できた段階で、実際の輸送作業に進みます。

嘘は絶対に言わないこと

輸送する難易度が高い精密機器は、なかなか依頼を引き受けてくれる専門業者が見つからないかもしれません。
だからといって、嘘をついて相談することは絶対にしないでください。
依頼した時に伝えた内容と、実際に輸送する精密機器が異なると大きな問題になります。
こちらの信頼を失うので、難易度がかなり高いことでも隠してはいけません。

依頼を引き受けてもらうコツは、丁寧に依頼することです。
またどこの業者にも断られて、この業者にしか頼めないと伝えてください。
そのように熱心にお願いすることで、引き受けてもらえる確率が上がります。
しかしどうしても無理だと言われた場合は、しつこくしないで引き下がりましょう。
また別の機会に、依頼してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る